1. TOP
  2. U型ハゲの原因

U型ハゲの原因

U型ハゲ 原因

薄毛や抜け毛が気になるという場合には、いくつかのタイプに分けることが出来ます。生え際が後退し、額が広くなるタイプのハゲ方は「U型ハゲ」と呼ばれています。

日本人に多く見られるハゲ方で、頭頂部が薄くなるO型ハゲと同時進行する場合もあります。

U型ハゲの原因としては、男性ホルモンが影響するAGAが考えられます。

AGAの原因である還元酵素は生え際に多く見られるため、U型ハゲの原因である可能性が高いと言えます。

さらに、過度なストレスや頭皮の血行不良、間違ったヘアケアがハゲの進行を早めている可能性もあります。

生え際は洗顔料やシャンプーの洗い残しが多い部分でもありますので、洗い残してしまった洗顔料などが毛穴に詰まることにより、毛根にダメージを与えている可能性もあります。

生え際から進行するタイプのU型ハゲは、進行が早いケースもあり、気がついた時にはハゲが広範囲にわたっているということもあります。

そのような状態になってから治療を行なったという場合であっても、残念ながら、元の髪の毛があった時まで回復させるのは非常に難しいと言わざるを得ません。

そのため、薄毛や抜け毛に気がついたら、早めに対策:AGA治療を講じることが大切になります。