1. TOP
  2. O型ハゲの対策方法

O型ハゲの対策方法

O型ハゲ 対策方法

O型ハゲ 対策方法

O型ハゲの形に毛が薄くなると、けっこう薄毛が進んでいる可能性があるために、血管を拡張させる作用があるミノキシジルを使って対策をします。

血管を広がり、血行を改善することによって、髪の毛の根元にある毛乳頭まで血液を通して栄養素を行きわたらせる環境を整えることができるようになります。

血行がよくなる食生活にすることも、とても大切ですが、それでは不十分です。

O型ハゲまで進行している場合は育毛剤を使用して血行に刺激を与える対策を施さないと改善は困難です。

ミノキシジルを半年ぐらい継続して使っていてもO型ハゲが改善がされないときには、フィナステリドを配合しているプロペシアという内服薬の服用を検討する必要が出てきます。

フィナステリドは髪の毛が薄くなる原因の5aリダクターゼと、男性ホルモンが結びつくのを阻害する作用があり、O型ハゲなどの薄毛を治療する薬として世界的に人気が高まっている治療薬:AGA治療です。

薄毛の治療を行う日本の病院でも、フィナステリドが配合されている内服薬を処方するのが主流の治療法になります。

フィナステリドが配合されている治療薬は市販されていないので、病院で診察を受けて処方してもらう必要があります。

また、ミノキシジルとフィナステリドは全然別の成分なので併用しても問題がないです。