1. TOP
  2. O型ハゲの原因

O型ハゲの原因

O型ハゲ 原因

O型ハゲって?

O型ハゲは男性によく見られる薄毛で、頭のてっぺんのあたりの毛が徐々に薄くなるハゲ方です。

男性特有の症状で遺伝的なものが原因で発症する人もいれば、日常の生活の習慣が原因でO型ハゲになる人もいます。

俗に言う河童のようなハゲ方で頭頂部から次第にハゲて、見た目がM字ハゲよりみっともない印象を残してしまいやすいために、M字ハゲの人よりも真剣に悩む人が多いというのが実情です。

女性には見られない毛の薄くなり方で男性特有の毛の薄くなり方といえます。

O型ハゲは男性ホルモンが分泌されることにより血行が悪くなったり、皮脂の分泌しすぎることで毛穴を皮脂で塞いでしまうことにより、毛がたくさん抜けてしまう症状を引き起こしてしまいます。

そして、男性はどうしても頭のてっぺんの辺りはジヒドロテストステロンという毛が薄くなる原因になりやすい物質が分泌しやすいところでもあります。

O型ハゲのハゲ方は、放置しておくと前髪の部分も毛が薄くなっていくところが広がってしまい、結果的には側頭部と後頭部にしか髪の毛が残っていないという状況になることが予想されます。

O型ハゲのハゲ方は、放置せずに早急な対策(AGA治療)を打つ必要性がある薄毛になります。