1. TOP
  2. O型ハゲって?

O型ハゲって?

O型ハゲ

O型ハゲの原因

O型ハゲは頭頂部がアルファベットのOの字型に薄くなるハゲのことで、日本人ではよく見られます。

原因は男性ホルモンが毛根の中に存在する5αリダクターゼという酵素と結びついてヘアサイクルを乱すためでAGAとも呼ばれています。

ヘアサイクルが乱れると髪の寿命が短くなり、生えてもすぐに抜け落ちるようになります。

健康な状態なら2年~6年間髪の毛は伸び続けるのですが、AGA治療の場合には半年~1年で髪の毛が抜けていきます。

その為毛根は次の髪の毛を生やす準備が間に合わず、生えてもまたすぐに髪の毛が抜けてしまうためやがて活動を停止してしまいます。

抜け毛が増えてから5年から10年程度で毛根が活動を停止してしまうため、早めに対策を立てる必要があります。

30代~40代でハゲ出す人が多いのですが、早い人では10代でもO型ハゲになる人もいます。

O型ハゲを改善するために有効なのがプロペシアという薬の服用や、男性ホルモンの働きを抑える育毛剤の使用などです。

プロペシアは男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくのを防ぐ働きをして、抜け毛を減らし髪の毛が成長するのを助けてくれます。

また育毛剤も抜け毛を減らすと共に、毛根の発毛させる力を取り戻させたり髪の毛に栄養を与え丈夫な髪が育つのを助ける働きをします。