1. TOP
  2. FAGA(女性男性型脱毛症)のメカニズム:加齢によるエストステロンの分泌の低下が原因

FAGA(女性男性型脱毛症)のメカニズム:加齢によるエストステロンの分泌の低下が原因

FAGAのメカニズム

女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」とは

男性型脱毛症であるAGAは、男性ホルモンが大きく影響する脱毛症ですが、これは男性だけではなく女性にも起こる脱毛症でもあります。

女性の場合には、男性のAGAと区別するために女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

このFAGAのメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが、毛乳頭に入り込んでジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、このDHTが毛母細胞に背理細胞分裂に障害をきたして発毛を防ぎ、抜け毛や薄毛の要因となります。

テストステロンが脱毛に影響する一方、エストロゲンは毛髪を育てる働きがあるので、女の人は髪の毛への影響を受けにくいと考えられています。

ただこのエストステロンの分泌が盛んに行われていれば問題はありませんが、加齢とともに減少していく為、その結果薄毛や脱毛が発症するメカニズムが起こりやすくなってしまいます。

また加齢だけでなく、ストレスや喫煙、過度のダイエットや生活習慣の乱れなどによってもエストステロンが減少する原因ともなりますから、日頃から気をつけることが大切です。

FAGAの脱毛パターンは、頭髪が全体的に細く薄くなるのが特徴です。

男性は進行性であるので放っておくと抜け毛が進んでしまいますが、一定の量のエストステロンが分泌されているため減り続けるということはありません。

参考;新宿のFAGAクリニック