1. TOP
  2. AGAとFAGAの大きな違いは薄くなる場所が男女と違うこと

AGAとFAGAの大きな違いは薄くなる場所が男女と違うこと

AGA FAGA

AGAとFAGAの違い
最近、FAGAという言葉を耳にするようになってきました。

FAGAのFは、「Female(女性)」のことなのです。

ですから、言葉の意味はそんなに難しくないですね。

女性版AGAということです。

では、AGAとの違いはなんでしょうか?

まず挙げられる点は、脱毛のパターンです。

髪の毛の薄い男性と、髪の毛の薄い女性をちょっとイメージしてみてください。

男性の場合薄くなるのは、頭頂部や髪の生え際(前頭部)のあたりです。

局所的に薄くなりますね。

一方で、女性の場合、薄くなる部分は一部分ではなく全体的です。

頭髪が細く弱まり全体的に薄くなります。

このように、脱毛のパターンが異なります。

別な点としては、進行性かどうかです。

AGAは進行性です。

何も手を打たないでいると、髪の毛は減り続けます。

FAGAはそうではありません。

毛髪を育てる働きをする女性ホルモンは、たとえ減少したとしても一定量は分泌されるからです。

FAGAの原因となるのは女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

改善するためにホルモンバランスを整えることが大切です。

大豆製品(イソフラボン)などの女性ホルモンを増やす食材を摂ったり、ストレスを減らすなど生活習慣の改善を心掛けましょう。