1. TOP
  2. 髪や頭皮にとって悪影響を及ぼす習慣を辞めよう!

髪や頭皮にとって悪影響を及ぼす習慣を辞めよう!

悪影響 よくない習慣

AGA対策として、自分自身でできることに、よくない習慣の見直しがあります。
必要なのは、髪や頭皮に良い栄養バランスと血行促進です。

髪に十分な栄養が届かないと、髪に悪影響を及ぼし薄毛や抜け毛の原因となります。
まず、ベースとなるのがビタミン群です。生活の中で野菜が不足している場合は、サプリメントに頼るのもよいでしょう。また、栄養バランスの面では、ビタミンと合わせてミネラルも必要な栄養素です。
マルチビタミンとミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛)を合わせて摂取できるものがお勧めです。

また、血行促進をよくすることで、髪に必要な栄養を届けやすくし、老廃物の排出を促進していきます。
日々のシャンプーではスカルプケアができるものを選ぶほか、シャンプーの際に専用のブラシなどを使用して頭皮マッサージをするのもよいでしょう。

この他、栄養素の吸収や血行促進に悪影響を与えるものとして、喫煙習慣、睡眠不足、過度なストレスをため込むこと、運動不足、眼精疲労があげられます。
喫煙は末端の血管が収縮するので、特に注意が必要です。ストレスも交感神経が過度に働き、血行不良の原因となります。睡眠不足は成長ホルモンの分泌を阻害します。
運動不足や眼精疲労は、肩こりにつながり、慢性的な血行不良を引き起こしてしまいます。

髪や頭皮に悪影響を及ぼす生活習慣を改めることも、育毛の大切なステップです。