1. TOP
  2. 薄毛治療のメカニズム・進行について

薄毛治療のメカニズム・進行について

AGAのメカニズム

AGAのメカニズム

AGAの進行

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期、退行期、休止期といった流れで進行します。

正常な人であれば二年から六年の周期で成長し、その後に退行期、休止期を迎え、髪の毛は脱毛を迎えます。

しかし、AGAの人のヘアサイクルは極端に短く、正常な人の髪の毛が二年から六年の周期で成長するのに対し、AGAの人の成長期はわずか、数か月から一年ほどしかなく、すぐに退行期、休止期が訪れることにより、脱毛までの期間も短くなります。

続きを読む

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?
AGA(男性型脱毛症)の原因として、遺伝やストレス、食事や生活習慣、男性ホルモンの影響など、様々な要素が挙げられています。

この中でも特に、男性ホルモンの影響が大きいといわれています。

毛根の近くにある皮脂腺から分泌される「5αリダクターゼ」という酵素によって、男性ホルモンであるテストステロンが、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる物質に変換されます。

このジヒドロテストステロン(DHT)が、薄毛を進行させる要因となります。

続きを読む

AGA対策のポイント

AGA対策のポイント
5αリダクターゼはAGAの原因とされる還元酵素で、体内には1型と2型の2種類が存在しています。

AGAの対策では自分の薄毛が1型によるものか、それとも2型によるものかと言ったことを知ることが重要で、5αリダクターゼを抑制させることで薄毛の症状を緩和させ、発毛を期待する事が出来るようになります。

続きを読む