1. TOP
  2. 薄毛チェック方法

薄毛チェック方法

AGA治療の前に薄毛のチェック

薄毛チェック方法

自分が薄毛になっているかどうかというチェック方法として、理想的な方法としては、サロンなどで診てもらうことですが、自己診断をする方法もあります。

まず、お風呂やプールなどで、髪のかさがへり、頭皮にくっついた際に、地肌が大きく見えている場合には、注意が必要です。

薄毛を抜け毛で見分ける方法として、一番髪の毛が抜けやすい場面は、洗髪後です、洗髪は頭皮を清潔にして、髪の毛の健康を守る反面、髪の毛に対して負担をかけてしまう側面もあります。

洗髪中は抜け毛が出るのは仕方がありませんが、洗髪後は手ぐしでかきあげただけなら、1,2本程度が普通ですが、5,6本くらい抜けるようなら薄毛が進行している場合があります。

洗髪後、ドライヤーをしようした際に、どのくらい髪の毛が抜けるかということでもチェックすることができます。ドライヤーをする際に、新聞紙などで髪の毛を集め、髪の毛の本数を数えると調べやすくなります。10本から20本程度あると要注意となります。

デジカメで接写モードを利用する方法もあります。

髪の毛には、成長期と退行期、休止期という3段階の毛周期があり、休止期には細い髪の毛で、成長期には太い髪の毛なので、細い髪が1に対して、太い髪が9なのが理想的なのですが、細い髪が2で、太い髪が8の割合になっている場合には注意が必要となります。

写した写真を拡大して細い、太いを目視して調べます。