1. TOP
  2. 薄毛が気になったら早め

薄毛が気になったら早め

AGA治療 薄毛

AGAの治療薬の効果

もしも男性が薄毛を発症したならば、それはAGAが原因かもしれません。

このAGAとは精巣で作り出されるテストステロンという男性ホルモンが全身を巡る中において頭皮にある特殊な酵素と互いに反応し合い、DHTという物質を作り出す病気のこと。

頭髪の根元にある毛母細胞を含む毛乳頭がこのDHTを検出するとすぐにヘアサイクルが乱れ始め、毛乳頭は毛細血管から栄養分を補充することをストップさせ、最終的に毛髪は栄養不足の状態に陥って毛穴から抜け毛として失われていくこととなります。

こう言ったAGAの症状は早い人だと20代前半頃から現れ始め、額の両サイドや頭頂部と言った男性ホルモンの影響を受けやすい部位を中心に薄毛が進行していくこととなります。

これらを改善するにはクリニックにおけるAGA治療を受ける必要があります。

このAGA治療は出来るだけ早めの対応が功を奏することで知られており、一般的な内容としては頭皮の酵素の働きを抑える飲み薬を使ってDHTの分量を減少させ、AGAによって乱れてしまったヘアサイクルを正常化させていくこととなります。

これらのAGA治療の特効薬はAGAを発症したてのタイミングの方が効きやすく、早い人は数週間程度で毛質に変化がみられることでしょう。

逆に症状をそのまま放置してしまうと徐々に毛包が縮小してしまい発毛の可能性が失われていくこととなります。