1. TOP
  2. 若ハゲ対策方法

若ハゲ対策方法

若ハゲ 対策

ハゲ対策方法

若ハゲの原因としてもっとも可能性が高いのは男性ホルモンの影響です。

男性ホルモンの影響を受けるタイプの薄毛は若いうちから発症するケースが多く、遺伝的な要素が大きく関係していると考えられています。

遺伝的な要素を持っている人は他の人よりもリスクが高くなりますが、薄毛を引き起こしているのはそれだけではなく後天的な要因も絡んでいますので、まずは後天的な要因に関係している原因から潰していかなければなりません。

若ハゲに有効な対策としては、やはり専門医にかかって男性ホルモンの働きを抑制することです。

市販の育毛剤もありますが、症状が少しでも進行してしまったら、早急に専門医を受診するべきです。

そして、医師による処方を受けた上で、生活習慣の改善にも取り組まなければなりません。

若ハゲの人は生活習慣が乱れていることも多く、喫煙の習慣があったり、日頃から運動不足であったり、食生活が不規則であるという人が多くみられます。

生活習慣を整えることは健康な髪の毛を育てる上でとても重要なことですし、せっかく専門医を受診しても体内の状態が悪ければ効果は限定的になってしまいます。

適切なAGA治療を行いながら、しっかりと生活習慣を整えていくことがとても大切です。