1. TOP
  2. 病院でのAGAの検査でわかること

病院でのAGAの検査でわかること

AGA AGA治療 AGA遺伝子検査キット 病院で行うAGA検査 この記事は約 6 分で読めます。
AGA検査

病院 AGA検査

AGAの薄毛は進行型薄毛であり、何もせずに放置しておくと全ての毛が抜けてしまうとも言われており、早めに病院でのAGA検査を受ける事が大切です。

病院と言ってもAGA治療の専門の医師がいる施設を利用する事で検査を行う事が出来ます。

また、AGA治療に利用されるプロペシアと言う医薬品はAGAの中でも2型5αリダクターゼのみに作用されると言われており、AGA検査と言うのは、血液を採取するなどして遺伝子の検査、医薬品の作用における効果の検査、そして医薬品の副作用における検査を行う事を意味しています。

そのため、これらの検査が可能になる病院を選ぶ事がAGA治療のスタートとも言えます。

遺伝子検査を行う事でAGAの薄毛なのか、それとも他の薄毛なのかと言った原因を調べる事が出来ます。

医薬品の作用における効果の検査と言うのは、AGAの原因が1型5αリダクターゼの場合には、プロペシアの効果が無いと言われており、治療方法を考える必要が在りますが、2型5αリダクターゼの場合はプロペシアを処方する事で5αリダクターゼを抑制させ、毛周期を正しくすることが出来るため、抜け毛を防止し、発毛を期待する事が出来るなど、病院でのAGA検査を受ける事で薄毛治療の方向性を考える事が出来るようになります。

AGA遺伝子検査

検査キットを利用してわかること

AGAは男性脱毛症のことを指しますが、自分がその症状になるリスクに関しては、これまでには医療施設での検査を行い判断を仰ぐ必要がありましたが、現在においては検査キットを使用することで自宅でも簡単に知ることができるようになっています。

検査キットで分かる内容としては2点あり、まず、男性脱毛症の発症のしやすさがあります。検査キットでは若い時期に脱毛を発症する危険度を予測できるようになっており、設けられている数値では36以下ではリスクが高くなっており、逆に40以上の場合にはリスクが低いという内容になっています。

2つ目としては脱毛の治療薬として使用されるフィナステリドが効く体質なのかどうかの内容を知ることができるようになっています。

ここでの予測は、数値的には24以下の場合には感受性が強いことになり、27以上では治療薬が効きにくい感受性が低いという判断になっています。

AGAの原因としては、遺伝と男性ホルモンの関係が知られており、検査キットでは自分の細胞を採取することによって、発症リスクを知ることができるようになっています。

検査の方法としては、まず、インターネットで検査キットを購入し、届いた場合には綿棒を口の中の、丁度、頬の内側の粘膜にこすりつけて採取を行い、それを検体として検査機関に送ることで簡単に知ることができる内容になっています。

AGA遺伝子検査キット使用の流れ

AGAの症状は遺伝子の影響により起こると言われており、AGA専門クリニックで最初に行う検査と言うのは遺伝子検査だと言います。

しかし、病院に行って検査を受ける時間が無いと言った人などの場合、自分の薄毛がAGAだと考えて、輸入代行を行う通販サイトを利用してプロペシアのジェネリック医薬品を使用して治療を行うケースも在りますが、プロペシアの主成分でもあるフィナステリドはAGAでも、5α-還元酵素の2型のみにしか作用をしないと言われています。

そこで、便利なアイテムがAGA遺伝子検査キットです。
AGA遺伝子検査キットは、医薬品の作用を確認することが出来る便利なアイテムで、病院に行く事無くフィナステリドの効果が在るのかと言ったことを知ることが出来ます。

AGA遺伝子検査キットを利用する流れは、最初に通販サイトを利用してAGA遺伝子検査キットの購入を行います。
検査キットの中に在る、遺伝子検査採取方法説明書を読んでから、両ほほの内側を同梱されている綿棒を使って軽く20回ほどこすると綿棒に粘膜が付着するので、検査申込み同意書やAGAチェックシートに必要事項を記載して、検体となる綿棒と同封を行って返送をします。

2~3週間すると検査結果報告書とAGAガイドブックが届けられるので、AGAであること、医薬品の効果が在るなどを知ることが出来ます。

AGA検査 費用

AGA検査を行っている病院や費用について

AGAの薄毛で悩む人は多いと言われているのですが、自分の薄毛がAGAによるものか否かは病院でのAGA検査を受ける事が大切です。

最近はAGAの特効薬として有名なプロペシアのジェネリック品を個人輸入代行を手掛ける通販店で購入が出来るため、薄毛であるためAGAだと思い込み、医薬品を使用したけれども効果が無い、副作用が生じると言うリスクも在ります。

AGA検査は血液を採取するなどの遺伝子検査や医薬品の効果が在るのかと言った検査を行うため、自分の薄毛がAGAによるものかどうかを知ると同時に、薬の効き目が在るのかと言った事に付いても知ることが出来ます。

AGAの治療を行う病院の中には薬の処方だけを行って治療を行う施設も在ると言われていますが、AGAの治療は自由診療であり、治療費と言うのは全額自己負担をしなければならないため、AGA検査を受けて正しい治療を受ける事が大切です。

AGA治療やAGA検査に掛かる費用は検査や診察、薬代などであり、初期費用としては2万円から3万円、月額費用としては治療方法により異なりますが、1万円から3万円が相場だと言われています。

また、主な治療内容と言うのはAGA検査でもある血液検査や遺伝子検査、プロペシアやミノキシジルなどの医薬品の処方、必要に応じてHARG療法や植毛と言った施術などになります。

自分で検査するメリット・デメリット

薄毛に関するお悩みは男女問わず共通のものです。

薄毛は年齢を重ねる事に症状が悪化してしまうものですが、若い方でも症状が進行してしまう可能性があります。

薄毛の主な原因は生活習慣やストレス、頭皮環境の悪化ですが薄毛になりやすい遺伝子を持っているかどうかも重要です。

自分が薄毛になりやすい遺伝子を持っているのかを知りたい、そんな時は自分で気軽に調べる事ができるAGAの検査キットを利用してみてはいかがでしょうか。

検査キットを利用して検査をおこなう場合、結果がすぐにわかる、費用が安いなどのメリットがありますが医師に直接相談する事ができない、アフターケアがないというデメリットが存在しています。

その為遺伝子を持っているか調べたいけど費用は抑えたい、直接病院に行く時間がないという方におすすめです。

また検査キットは誰にも知られずに検査をおこなう事ができるので、家族や友人に内緒で遺伝子を調べたいという場合にも便利です。

薄毛になりやすい遺伝子を持っているかどうかを知っておくと薄毛対策や薄毛治療を的確におこなう事ができるので、興味をお持ちの方は検討してみてはいかがでしょうか。

薄毛でない方も将来薄毛になってしまうリスクを知る事ができ、早期に対策をおこなう事が可能です。

関連記事

  • はげ 種類

    分け目ハゲとは(原因・対策方法)|ハゲの種類

  • 自分でできるAGA対策

    自分でできるAGA対策|生活習慣・血行促進・髪に良い栄養

  • AGA治療を始めるタイミング

    AGA治療院を選ぶ際の4つのポイント:AGA治療を始めるタイミング

  • AGA治療院

    おすすめAGA治療院

  • AGA 健康保険

    健康保険は使えるの?自由診療とは?:AGA専門クリニックと一般医院のメリットとデメリット

  • AGA治療薬の副作用

    知っておくべきAGA治療薬の副作用:プロペシア(フィナステリド)・ミノキシジルの副作用