1. TOP
  2. 病院でのAGAの検査でわかること

病院でのAGAの検査でわかること

病院 AGA検査

AGAの薄毛は進行型薄毛であり、何もせずに放置しておくと全ての毛が抜けてしまうとも言われており、早めに病院でのAGA検査を受ける事が大切です。

病院と言ってもAGA治療の専門の医師がいる施設を利用する事で検査を行う事が出来ます。

また、AGA治療に利用されるプロペシアと言う医薬品はAGAの中でも2型5αリダクターゼのみに作用されると言われており、AGA検査と言うのは、血液を採取するなどして遺伝子の検査、医薬品の作用における効果の検査、そして医薬品の副作用における検査を行う事を意味しています。

そのため、これらの検査が可能になる病院を選ぶ事がAGA治療のスタートとも言えます。

遺伝子検査を行う事でAGAの薄毛なのか、それとも他の薄毛なのかと言った原因を調べる事が出来ます。

医薬品の作用における効果の検査と言うのは、AGAの原因が1型5αリダクターゼの場合には、プロペシアの効果が無いと言われており、治療方法を考える必要が在りますが、2型5αリダクターゼの場合はプロペシアを処方する事で5αリダクターゼを抑制させ、毛周期を正しくすることが出来るため、抜け毛を防止し、発毛を期待する事が出来るなど、病院でのAGA検査を受ける事で薄毛治療の方向性を考える事が出来るようになります。