1. TOP
  2. 毛母細胞の働き:AGAの原因、遺伝や生活習慣の乱れが及ぼすもの

毛母細胞の働き:AGAの原因、遺伝や生活習慣の乱れが及ぼすもの

毛母細胞

毛母細胞の働き

日本はAGAと呼ばれる男性型脱毛症に悩む男性が非常に多い国です。

男性型脱毛症の原因は、はっきりとはわかっていません。

しかし、遺伝や生活習慣の乱れが原因だとする意見が多いです。

発毛には、毛乳頭と毛母細胞が関係しています。

毛母細胞は、毛乳頭から、栄養を受け取って、その栄養を糧に細胞分裂をします。

この細胞分裂が頻繁に行われて、髪の毛が成長するのです。

毛母細胞の働きが活性化して、血液が栄養をスムーズに届けることができれば、発毛効果も高まるのです。

髪の毛には、成長期、休止期、退行期というサイクルがあります。

成長期には、毛母細胞が活発に働くため、髪の毛がどんどん作られます。

そして、休止期になると、成長が止まり、退行期になると毛が抜けていくのです。

ヘアサイクルが正常だと何も問題はないのですが、ヘアサイクルが乱れると、抜け毛が増え、薄毛になってしまうのです。

しかし、毛母細胞は、簡単には死なないので、効果的な対策をすることで、発毛の可能性は十分にあります。

男性型脱毛症の症状は人によって違うので、自分に合った治療方法で男性型脱毛症を改善していくことが大事です。

最近は、男性型脱毛症に力を入れているaga専門クリニックが増えているので、症状が進んで困っている場合は、カウンセリングを受けてみるのも選択のひとつです。