1. TOP
  2. 毛乳頭細胞とは?毛乳頭細胞の働き・メカニズムを紹介します

毛乳頭細胞とは?毛乳頭細胞の働き・メカニズムを紹介します

毛乳頭細胞

毛乳頭細胞/毛母細胞*AGA治療

頭髪の働きにおいて毛乳頭細胞は大きな役目を担っています。

通常の健康的な状態だと、毛乳頭細胞は頭皮に張り巡らされた毛細血管を接しており、これらを流れる血液によって運搬されてくる栄養分をしっかりと吸収し、とりわけビタミンや酸素、アミノ酸を補充することで毛母細胞に対して細胞分裂を促す信号を送り出します。

この一連の機能がうまく働くことによって頭髪は順調に成長していくことができるのです。

しかしながらこれがAGAを発症してしまうと、この機能に障害が発生します。

テストステロンと言う男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼと言う酵素が反応してDHTという物質を作りだし、これを毛乳頭細胞が感知するとすぐさま毛母細胞に対して細胞分裂をストップさせて退行期へと移行するように指示を出すのです。

こうした流れによってこれまで健康的だった頭髪のヘアサイクルは乱れ、それから毛乳頭細胞は毛細血管から栄養分を摂取することもストップさせてしまいますので、残された頭髪の上部部分は次第に栄養不足となってそのまま抜け落ちていく準備を始めることとなります。

AGAではこうして次々と脱毛が生じ、額の両サイドや頭頂部を中心として次第に地肌が見えるほどの薄毛へと発展していってしまうのです。