1. TOP
  2. 毛乳頭細胞と毛母細胞は発毛・育毛に必要不可欠!マッサージやシャンプーの取り扱い

毛乳頭細胞と毛母細胞は発毛・育毛に必要不可欠!マッサージやシャンプーの取り扱い

発毛・育毛:毛乳頭細胞と毛母細胞

毛乳頭細胞と毛母細胞は発毛・育毛に必要不可欠!

髪の根元、「毛乳頭」と呼ばれる部分には、毛母細胞と毛乳頭細胞があります。

毛母細胞は細胞分裂することで毛髪をつくりだしていて、その細胞分裂は成長期・退行期・休止期という3つのサイクル周期的に行われています。

通常、休止期の髪の毛は全体の1割程度と言われていますが、AGAではこの割合が大きくなったり、毛母細胞が破壊されたりして正常なサイクルが保てなくなり、薄毛が進行することになります。

その毛母細胞にシグナルを送っているのが毛乳頭細胞です。

頭皮にある毛細血管と直接接している毛乳頭細胞が、酸素や栄養素を受け取って発毛シグナルを送ることで毛母細胞の発毛が促されますが、AGAによって脱毛因子が発生した場合などは、逆に毛乳頭細胞から脱毛シグナルが送られ、毛母細胞の分裂は妨げられてしまいます。

そのため、AGA治療には毛母細胞と毛乳頭細胞が正常に働くようにすることが必要不可欠です。

毛母細胞の働きを活性化させるため、マッサージやシャンプーなどで頭皮の血行促進や環境改善を行ったり、毛乳頭細胞からの脱毛シグナルを止め、発毛シグナルが送られることで、毛母細胞が正常に細胞分裂を行う効果が期待される育毛剤やサプリメントを用いたりします。