1. TOP
  2. 毛乳頭と毛母細胞とは

毛乳頭と毛母細胞とは

毛乳頭 毛母細胞

毛乳頭 毛母細胞

「毛乳頭」と「毛母細胞」は、髪の毛を作る働きをする体組織です。

頭皮の奥深くにある毛母細胞が、ケラチンというたんぱく質を基にして細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛が作られます。

その毛母細胞に酸素や栄養を与えるのが、毛乳頭です。

すなわち、毛乳頭の働きが活発であるほど毛が生えてくるということになります。

AGA ストレス

育毛剤の中には、毛乳頭に働きかけて活性化させるものが多数あります

育毛剤を使用しつつ、頭皮のマッサージをすることで、育毛効果が期待できます。

しかし、頭皮に運ばれる栄養素が少なくなってしまうと、毛は育ちにくくなってしまいます。

AGAの原因として、ストレスや生活習慣の乱れなどが挙げられます。

しかし最も大きく影響を与えているのは、頭皮の血流が悪くなり、運ばれる栄養が不足することであるといわれています。

毛乳頭に酸素や栄養を運んでくるのは血液です。

AGA 頭皮マッサージ

そのため、頭皮の血流をよくすることも、AGA治療に有効であるといえます。

また、亜鉛に代表される、育毛に有効な栄養を摂取することも効果的です。

AGA治療のためには、髪の毛を作る体組織の動きを活発にすると同時に、髪の毛に必要な栄養素を効率よく運ぶことが重要になってきます。