1. TOP
  2. 検査キットを利用してわかること

検査キットを利用してわかること

検査キット AGA

AGAは男性脱毛症のことを指しますが、自分がその症状になるリスクに関しては、これまでには医療施設での検査を行い判断を仰ぐ必要がありましtが、現在においては検査キットを使用することで自宅でも簡単に知ることができるようになっています。
検査キットで分かる内容としては2点あり、まず、男性脱毛症の発症のしやすさがあります。検査キットでは若い時期に脱毛を発症する危険度を予測できるようになっており、設けられている数値では36以下ではリスクが高くなっており、逆に40以上の場合にはリスクが低いという内容になっています。2つ目としては脱毛の治療薬として使用されるフィナステリドが効く体質なのかどうかの内容を知ることができるようになっています。ここでの予測は、数値的には24以下の場合には感受性が強いことになり、27以上では治療薬が効きにくい感受性が低いという判断になっています。
AGAの原因としては、遺伝と男性ホルモンの関係が知られており、検査キットでは自分の細胞を採取することによって、発症リスクを知ることができるようになっています。
検査の方法としては、まず、インターネットで検査キットを購入し、届いた場合には綿棒を口の中の、丁度、頬の内側の粘膜にこすりつけて採取を行い、それを検体として検査機関に送ることで簡単に知ることができる内容になっています。