1. TOP
  2. 女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」は、男性のAGAとはどこが違うの?

女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」は、男性のAGAとはどこが違うの?

AGA FAGA(女性男性型脱毛症) この記事は約 5 分で読めます。
女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」

FAGA(女性男性型脱毛症)

女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」とは

FAGA:AGAのメカニズム

男性型脱毛症であるAGAは、男性ホルモンが大きく影響する脱毛症ですが、これは男性だけではなく女性にも起こる脱毛症でもあります。

女性の場合には、男性のAGAと区別するために女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

このFAGAのメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが、毛乳頭に入り込んでジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、このDHTが毛母細胞に背理細胞分裂に障害をきたして発毛を防ぎ、抜け毛や薄毛の要因となります。

テストステロンが脱毛に影響する一方、エストロゲンは毛髪を育てる働きがあるので、女の人は髪の毛への影響を受けにくいと考えられています。

ただこのエストステロンの分泌が盛んに行われていれば問題はありませんが、加齢とともに減少していく為、その結果薄毛や脱毛が発症するメカニズムが起こりやすくなってしまいます。

また加齢だけでなく、ストレスや喫煙、過度のダイエットや生活習慣の乱れなどによってもエストステロンが減少する原因ともなりますから、日頃から気をつけることが大切です。

FAGAの脱毛パターンは、頭髪が全体的に細く薄くなるのが特徴です。

男性は進行性であるので放っておくと抜け毛が進んでしまいますが、一定の量のエストステロンが分泌されているため減り続けるということはありません。

参考;新宿のFAGAクリニック

なぜ女性もAGAになるの?

なぜ女性もAGAになるの?

AGAは男性型脱毛症のことを指しますが、多くは男性ホルモンが影響することでなるものとされています。

ここでのメカニズムとしてはジヒドロテストステロンの影響が大きく作用しており、通常、男性ホルモンであるテストステロンが血液中を流れ、毛根にある毛乳頭に入り込んだ場合には、5αリゼクターゼ酵素によってジヒドロテストステロンに変化をします。

ジヒドロテストステロンが入り込むことで毛母細胞の細胞分裂が活発に行なわれなくなり、発毛を妨げたり、抜け毛や薄毛の原因になっています。

女性にも男性ホルモンは存在しており、そのために同様なメカニズムによって、女性でのAGA、いわゆる女性男性型脱毛症と呼ばれるFAGAにかかることになります。

ただ、女性の場合には男性と違った脱毛症状が現れることになり、そこには女性ホルモンの存在があります。

女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれますが、このホルモンはテストステロンと異なり毛髪を育てる働きを持っています。

そのために、エストロゲンの分泌が活発な女性の場合にはテストステロンの濃度が低く、髪の毛への影響も少なくなります。

女性の場合には、加齢とともにエストロゲンの分泌が少なくなり、早い人などでは35歳程度からその減少が始まる場合もありますが、この場合にはテストステロンの影響が強くなりFAGAの進行につながることになります。

AGAとFAGAの違い

AGAとFAGAの違い
最近、FAGAという言葉を耳にするようになってきました。

FAGAのFは、「Female(女性)」のことなのです。

ですから、言葉の意味はそんなに難しくないですね。

女性版AGAということです。

では、AGAとの違いはなんでしょうか?

まず挙げられる点は、脱毛のパターンです。

髪の毛の薄い男性と、髪の毛の薄い女性をちょっとイメージしてみてください。

男性の場合薄くなるのは、頭頂部や髪の生え際(前頭部)のあたりです。

局所的に薄くなりますね。

一方で、女性の場合、薄くなる部分は一部分ではなく全体的です。

頭髪が細く弱まり全体的に薄くなります。

このように、脱毛のパターンが異なります。

別な点としては、進行性かどうかです。

AGAは進行性です。

何も手を打たないでいると、髪の毛は減り続けます。

FAGAはそうではありません。

毛髪を育てる働きをする女性ホルモンは、たとえ減少したとしても一定量は分泌されるからです。

FAGAの原因となるのは女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

改善するためにホルモンバランスを整えることが大切です。

大豆製品(イソフラボン)などの女性ホルモンを増やす食材を摂ったり、ストレスを減らすなど生活習慣の改善を心掛けましょう。

女性の薄毛ヘアケア

女性の薄毛原因となる間違ったヘアケア方法:女性用の育毛剤や髪、頭皮に栄養を与えるサプリメント
薄毛や抜け毛で悩むのは男性だけの悩みでは無く、女性も薄毛、抜け毛で悩む方が年々増えています。

薄毛対策 女性

薄毛対策 女性

男性の場合は近年では専門の診療科もできるなど、育毛剤も多く販売されていますが、女性が同じ治療、育毛剤を使用して症状が改善する可能性は低く、女性の薄毛や抜け毛などの頭皮の悩みは女性用のヘアケアが必要になります。

女性の薄毛原因

女性の薄毛原因は、男性ホルモンや遺伝が原因の段とは違い、おしゃれや白髪を目立たなくさせるための毛染め、長年のパーマ、ストレス、加齢などの原因が多く、頭皮が硬くなり血行や栄養が毛根、髪に上手く行き渡りにくくなるため抜け毛や髪が細くなり薄毛原因になるため、男性の育毛剤は女性の症状には適さないため、女性用の育毛剤や髪、頭皮に栄養を与えるサプリメントを使用する事が症状を改善する早道になります。

男性用と比べると、まだまだ女性用の育毛に特化した育毛剤は少ないのが現状ですが、女性用の商品は妊娠中や敏感肌にも使える負担の少ない商品が販売されいます。

関連記事

  • O型ハゲとは

    O型ハゲとは(原因・対策)|ハゲの種類

  • AGA検査

    病院でのAGAの検査でわかること

  • AGA治療院

    おすすめAGA治療院

  • 発毛と入浴

    体内発毛環境を変える4つの入浴習慣

  • NO IMAGE

    育毛促進剤を使用してみよう!

  • NO IMAGE

    血行促進し、頭皮環境改善しよう!