1. TOP
  2. 医師のAGA診断を受けてから服用を!副作用には性欲減退や勃起不全の心配も

医師のAGA診断を受けてから服用を!副作用には性欲減退や勃起不全の心配も

AGA 医師

AGA 医師

AGAは男性型脱毛症をいい、数多くある脱毛タイプの一種です。

原因として男性ホルモン分泌の関係やストレス、生活習慣等の不規則によって薄毛や抜け毛が増大し頭皮が薄くなる状態をいいます。

この治療の目的は最終的に発毛にありますので治療の過程で様々な内服薬を服用することとなります。

そこで病院にかかり医師の診断を受けてから処方箋を発行してもらうのがベストなのですが、なかには病院にかかる時間が取れなかったり、AGA治療は自由診療であるため保険適用外となり個人負担が高くなることから薬価が安いといった理由で個人輸入代行業者に依頼し海外から購入する人もいます。

さらに海外の場合は医師の処方箋が必要なく、個人での服用量であれば比較的容易に手に入れることができますが、その分副作用やニセモノをつかまされるリスクも高くなります。

特に副作用についてはAGAの代表的な治療薬を服用した際に性欲減退や勃起不全といった症状が報告されているなどまだまだ不確定要素が多いのが現状です。

ですので個人で手にいれる場合はすべて自己責任のもと行うことになりますが、やはり適切な医療機関にて医師の監修のもと治療していくのが最も望ましいといえます。