1. TOP
  2. AGA
  3. 健康保険は使えるの?自由診療とは?:AGA専門クリニックと一般医院のメリットとデメリット

健康保険は使えるの?自由診療とは?:AGA専門クリニックと一般医院のメリットとデメリット

AGA 健康保険

AGA治療 健康保険

保険診療とは

保険診療とは

保険診療とは、国民全てが加入している健康保険の保険証が使用できる治療のことです。

この保険診療が出来る医療機関は厚生労働省の認可を経て認められているところで、さらに治療にあたる医師も保険医として認可を受けていなければなりません。

患者側では一般的にこうしたことを知っている必要はなく、ほとんど全ての医師がこの保険医の認定を受け、さらに保険診療が可能なようになっているものです。

補完医療機関の認定

医療機関でもよほどの不正などを行わない限りは、補完医療機関の認定を受けています。

したがって、保険証が使用できるのは当たり前というわけです。

この健康保険証のおかげで、高額な医療費の負担をしなくても、原則自己負担3割で済むように医療を安価に受けられるようになっています。

国民皆保険制度

保険証を持参しなかったりあるいは保険料の滞納等で保険証を取り上げられたりしている場合には、全額自己負担をしなくてはならなくなります。

よく言われる言葉として、世界に冠たる国民皆保険制度という言い方をします。

世界の中でも日本ほど医療体制が充実しているところがないという意味です。医療費の負担を安く抑えられていることで、安心して治療を受けられることにつながっています。

自由診療とは:AGA治療

自由診療とは

日本での病気や怪我などの治療には、2種類の費用負担の方法があります。

1つ目は、健康保険証が使用できる保険診療と呼ばれるもので、もう一つが保険診療が適用できないなどの場合の自由診療です。

全額自費負担

保険診療では、医療行為そのものについて厚生労働省の承認を受けている場合のみ保険証が使用できますが、この保険診療以外の治療行為や保険診療と自由診療とをミックスした混合診療の場合は、全額自費負担になっています。

混合診療の中でも例外として一部認められているものもありますが、ごく一部だけでありほとんど認められていないものです。

自由診療で困る点は、全額が自己負担となるために高額な医療費の支払いを行わなければならないことです。

健康保険証が使えませんから、高額療養費制度なども使えません。したがって、よほどのことがない限りはこの自由診療をしないのが一般的となっています。

ただし、美容整形のようにそもそも治療などが目的ではなく、きれいさを追求するものなどは最初から保険診療以外のものとして対応をしているものですから、患者側もある程度は認識をしていることでしょう。

したがって、最初に保険証が使用できないケースについては、医療機関側(AGA治療)から説明があるのが常です。

AGA治療 健康保険から考える専門クリニックと一般医院

専門クリニックと一般医院のメリットとデメリット

高度な治療が機体できるAGA専門クリニック

AGA治療は今や多くの医療機関で行われており、一般医院で利用できることはもちろん、最近はより専門的な治療を行う専門クリニックも登場しています。

AGA専門クリニックを選ぶメリットとしては、よりそれぞれに合う治療を行ってもらうことができることがあげられます。

一般医院ではどの人にもプロペシアやミノキシジルの処方だけということも多いですが、専門クリニックの場合はより詳しい診察や検査が行われ、その人に合うオリジナルの薬剤なども処方してもらうことができます。

さらに薬だけではなく、HARG療法、自毛植毛などの高度な治療を提供している医療機関も多くなっています。

こうしたクリニックはメリットも多くありますが、やはり治療を受ける前にはデメリットについても知っておきましょう。

専門クリニックはAGA治療は全額自費負担

薄毛治療は保険適用ではありませんので、治療費用は実費となります。

それゆえに高度な治療を行う場合は一般的な治療と比べてより多くの治療費用が必要となることも少なくありますぇん。

治療を受ける前には無理なく続けられる金額であるかはよく確かめておきましょう。

そして高度な治療は良い効果も期待できますが、効果には個人差もあり、すべての人が同じように改善が得られるというわけではないことも理解しておく必要があります。

関連記事

  • 育毛シャンプーの選び方:シャンプー選びで注意すべきこと

  • ハゲを隠さない:下手に隠さずにカットやスタイリングでかっこ良く!

  • おすすめAGA治療院

  • 自分でAGA検査するメリット・デメリット

  • U型ハゲとは?(U型ハゲの原因・対策)|ハゲの種類

  • 皮膚科とAGA専門病院のメリット・デメリット