1. TOP
  2. 体内発毛環境を変える4つの入浴習慣

体内発毛環境を変える4つの入浴習慣

発毛と入浴

体内発毛環境 入浴 習慣

毎日、お風呂に入っているという場合、その入浴習慣を工夫することにより、体内発毛環境を整えることが出来ます。

体内発毛環境を整えるためにはまず、頭皮の血行を良くすることが大切です。そのため、シャワーのみで済ませているという場合には、お風呂に入るようにしましょう。

その際には、熱いお湯ではなく、ぬるく感じる程度のお湯にするようにしましょう。長い時間、入浴することで、体温を長時間保つことが出来ますので、血管拡張作用を期待することが出来ます。

体内発毛環境を整えると同時に頭皮環境を良くするためには、血行を良くした上で、シャンプーを擦るようにしましょう。頭皮の毛穴が開いている状態でシャンプーをすることにより、余分な皮脂や汚れを落とすことが出来ますので、その後に使用する育毛剤の効果を最大限発揮させることが出来ます。

育毛剤を使用したり、頭皮マッサージを行う場合には、体が温まっている状態で行うようにすることが大切になります。

ゆったりとリラックスすることが出来るバスタイムは、ストレス解消にも繋がりますので、おすすめです。お風呂に長く入っているのが難しいという場合には、お風呂で本を読んだり、音楽を聴くなどすると良いでしょう。

発毛代謝能力は入浴時間

そもそも薄毛を発症する原因には様々なものが考えられますが、頭皮に張り巡らされた毛細血管の血行が密接に関係するケースも少なくありません。

頭皮の毛穴が皮脂や汚れなどで毛詰まりを起こすと頭皮が硬くなって血行悪化につながりますし、さらに生活習慣の中でもアルコールやニコチンの過剰摂取を始め様々な場面で血行への悪影響が生じかねません。

そんな様々な懸念事項を乗り越える意味でも日頃からきちんと入浴することは発毛代謝を高める意味でも大きな効果があります。

発毛代謝とは、発毛のために必要な頭皮環境を整えるべく、血めぐりを改善して、悪いものを排出し、良いものをきちんと吸収するということを指します。

できるだけ長時間にわたってぬるめのお湯に浸かってゆっくりと入浴することは、身体のリラックス効果につながるほか、血巡りもしっかりと改善されて頭皮の毛細血管に至るまできちんと栄養分が届けられる環境が整うことにもつながっていきます。

また、入浴はAGAによる薄毛を改善する上でも実に効果的です。たとえクリニックで飲み薬や塗り薬などの特効薬を処方してもらったとしても、きちんと毛が生える状態を整える意味でも発毛代謝を高めることはとても大事です。

AGA治療で頭髪のヘアサイクルを整えるのと並行してこのように血行を改善することで大きな発毛効果を得ることができるでしょう。

平熱体温をあげるjことがポイント

AGAとは男性特有の薄毛として注目されており、多くの方がその症状で悩まされています。

その特徴としてホルモンが大きく関わっており、男性ホルモンの一部が変異することで薄毛を促進し、発毛抑制してしまう作用を持つものになってしまい、その量が増すことで薄毛に至ってしまいます。

そのため治療法としては内服治療が主となっており、ホルモンに働きかけることで薄毛の改善を図ることが可能となります。

また治療を進める中で平熱体温も大きく関わってきます。平熱体温が高いとその影響で血行の促進がされます。

毛髪は血液を介して栄養供給がされます。そのため平熱体温が低いだけでも血行が悪くなり栄養供給がされにくくなります。そのため平熱体温を上げることが出来ればそれだけで薄毛の改善を図ることが可能と言えます。

またAGAの治療には補助としてサプリメントで栄養補給をするケースもあります。

そのことからも平熱体温を上げておくことで補助的取り組みの効果もより高めることが出来、治療の促進にもつなげることが可能と言えます。

薄毛は非常に多くの方が悩んでおり、予備軍の方も多くいます。また薄毛は進行してからよりも早期治療の方がより改善しやすいため、進行する前から取り組みを開始しておくことが大切です。

関連記事

  • 薄毛対策 生え際

    薄毛対策・ハゲ対策は早め早めがポイント:生え際が危ない!

  • O型ハゲとは

    O型ハゲとは(原因・対策)|ハゲの種類

  • AGA治療を始めるタイミング

    AGA治療院を選ぶ際の4つのポイント:AGA治療を始めるタイミング

  • AGAの治療薬の効果

    AGAの治療薬の効果:プロペシア・ミノキシジルの効果

  • 育毛シード

    髪のクリニック「シード:Seed」:内緒でAGA治療!オンライン治療だから安い!女性も可!

  • AGA検査

    病院でのAGAの検査でわかること