1. TOP
  2. ヘアサイクルが乱れる原因:生活習慣・お酒・喫煙・夜更かし・ストレスなど

ヘアサイクルが乱れる原因:生活習慣・お酒・喫煙・夜更かし・ストレスなど

男性型脱毛症:ヘアサイクル

ヘアサイクルが乱れる4つの原因

AGAはヘアサイクルの乱れが生じる事で薄毛の症状を招くと言われています。

薄毛の症状を引き起こす原因と言うのは、男性ホルモンの一種とされるテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼが結びつくことで悪玉脱毛ホルモンのDHTに変換され、DHTがヘアサイクルの成長期を短くしてしまい、毛が長く太く伸びる前の段階で抜けてしまう事からも抜け毛が生じ薄毛となるのが特徴です。

しかし、ヘアサイクルが乱れる原因は男性ホルモンだけではなく遺伝や生活習慣、血流の低下などの4つの原因が考えられます。

家族に薄毛の人がいると、遺伝により薄毛やハゲになり易いと言われており、特に男性型脱毛症のように薄毛になりやすい体質を受け継いでいるケースが多いのです。

血流の低下と言うのは、頭皮の血行が悪い状態に起きやすいもので、頭皮が固い状態では薄毛の症状を引き起こしやすくなります。

髪の毛は毛乳頭と呼ばれる発毛組織があり、毛細血管を流れる血液に含まれる発毛に必要な栄養を取り入れる部分でもあり、頭皮の血行が悪くなることで栄養が髪の毛に行き渡らなくなるため薄毛の症状を引き起こすと言います。

生活習慣にはお酒や喫煙、夜更かし、ストレスなどが挙げられますが、これらの何れかが有ることでヘアサイクルを乱してしまう要因にも繋がると言われていますのでAGA治療の前にケアすることをおすすめします。