1. TOP
  2. プロペシア(フィナステリド)の副作用といえば性欲減退や勃起不全

プロペシア(フィナステリド)の副作用といえば性欲減退や勃起不全

プロペシア 副作用

プロペシア(フィナステリド)の副作用

男性が見舞われる薄毛の原因として特に注目を集めているものの一つにAGAがあります。

これは精巣にて作られる男性ホルモンが体内を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼと呼ばれる特殊な酵素と反応してDHTという物質を作り出す病気のこと。

こうやって作り出されたDHTを毛乳頭が感知するとすぐに頭髪の成長をストップさせ、ヘアサイクルに異常をきたした末に抜け落ちていってしまうのです。

そこでAGAの治療薬として用いられるのがプロペシア(フィナステリド)です。

プロペシア(フィナステリド)には5αリダクターゼのⅡ型の働きを抑制する効果があり、これによってDHTの分泌量を抑えられることから頭髪の成長を妨げるものが減少し、ヘアサイクルを正常化させることが可能となります。

ただしプロペシア(フィナステリド)には副作用もあるので使用する際には注意が必要となります。

主な副作用は男性ホルモンに関わることで性欲減退や勃起不全といった症状に見舞われたり、あるいは鬱や肝機能障害を引き起こす可能性も指摘されています。

ただしこれらの副作用が生じるリスクはほんの数パーセントに止まりますので、まずは使用して経過を見ていく中で何らかの不安や異常があればすぐに医師の診断を仰ぐということが求められるでしょう。