1. TOP
  2. AGA
  3. ハゲを隠さない:下手に隠さずにカットやスタイリングでかっこ良く!

ハゲを隠さない:下手に隠さずにカットやスタイリングでかっこ良く!

ハゲ スタイリング

ハゲを隠さない

薄毛 カット・スタイリング

人は

  • 頭皮が見えるようになってきたり
  • 髪が薄くなってきたりすると

その部分を隠したくなり、髪を伸ばす方向に傾きがちですが、ハゲは隠すとより目立つようになってしまうことが多々あります。

【ハゲが汚い】で検索してみました。
ハゲが汚い

短髪や坊主頭もかっこいい

結果的に、短髪や坊主頭にするのがもっともよい方法の場合もあります。

短髪

短髪にすれば、ハゲていた部分が、周りの髪の長さと調和しより目立たなくなったりもします。

坊主

また、坊主にしてしまえば、ハゲている部分はさらに目立たなくなります。

ハゲを目立たなくする方法で最終的なものに、スキンヘッドにするという方法もあります。

これを行えば、禿げている部分は完全に隠せます。

全体がハゲなので、本当に髪の毛がない部分というのが分からなくなるのです。

そのほかにも薄毛で悩む男性におすすめしたい髪型があります。

ソフトモヒカン

それはソフトモヒカンです。

これは、頭頂部に髪を寄せて、髪を立ち上がらせることによって、ハゲを目立たないようにする髪型です。

薄毛の似合う有名人

短髪や坊主頭の芸能人・有名人

有名人では、中田英寿や、ジュード・ロウがやっています。

美容室に行き、ソフトモヒカンにカットしてくださいと言えば、カットしてくれます。

なんら恥ずかしがる必要はありません。今や、ハゲも個性の一部だからです。

また、薄毛の似合う有名人もたくさんいます。

例えば、俳優の渡辺謙さんなどです。

彼はAGAに苦しんでいましたが、ハゲを隠さずに思い切ってスキンヘッドにしたら、よりダンディーになり、仕事の量も増えたと語っています。

このように有名人にならって、薄毛の人はハゲを思い切って出してみるのが良いでしょう。

ハゲを隠さない!おすすめヘアスタイル

ヘアスタイルの楽しみ方

AGAなど薄毛の対策としては、かつてはかつらを用いたり、現在においては植毛や増毛など様々な方法が用いられています。

ヘアスタイルでファッションを楽しむ

髪の毛の量やヘアスタイルにはそれぞれに価値観があり、特に、最近では、AGAの症状に合わせたヘアスタイルでファッションを楽しむ人も多くなっています。

仕事の業種や仕事のスタイルによっては、敢えて薄毛などを残さずにスキンヘッドにしてしまう人もおり、洋服と合わせることによって非常にファッショナブルにすることもできます。

おすすめヘアスタイル

メガネとヘアスタイルを楽しむ

また、目が悪くなくともメガネなどのアイウェアを上手に組み合わせることによって、相手にセンスを感じさせる形にすることもできます。

M字ハゲに合うヘアスタイル

薄毛には、まず、剃り込み状となる、いわゆるM字タイプがありますが、ここでは短髪かソフトモヒカン、またレイアーカットなどが似合う髪の形となります。

この場合には、特に刈上げを行う部分は極端に短くした方が似合う場合があり、0.1mm程度の短いものに仕上げた方がより効果があります。

生え際や前頭部の薄毛に合うヘアスタイル

次に生え際や前頭部の薄毛があります。

この場合には、無理に髪の毛のある部分から髪を持ってきた場合には不自然となり、ここでのヘアスタイルもM字と同様に短髪の方がセンス良くまとめることができます。

また、逆に、ある程度の長さにして、ポニーテールにすることも1つの方法となりますが、この場合には、常に髪はブラッシングを行いきれいな状態にすることが大切になります。

薄毛の人におすすめのヘアケアとスタイリング

薄毛の人でも適切な方法でスタイリングすることでかっこ良いヘアスタイルにすることは十分可能です。

しかし、通常のヘアスタイルは難しいので、少し工夫をする必要があります。

ごみをはらう

まずは髪の毛に付着したごみやよごれを洗い流します。

シャンプー

シャンプーをつけてよく泡立て、指の腹で擦ります。

トリートメント

洗い流した後にトリートメントをつけることで髪が滑らかになり、スタイリングがしやすくなります。

薄毛の人におすすめのスタイリング

ドライヤー

洗髪を終えたらドライヤーでしっかりと乾かします。濡れている状態だと思うような髪形にならないので注意が必要です。

スタイリング

乾かし終わったらいよいよスタイリングの開始です。
まず髪を頭のシルエットと同じようにします。

無理に長髪にしたり、髪をセットしてしまうと風になびくようになり、薄毛が目立ってしまいます。続いて髪の流れには逆らわないようにセットします。

こうすることで自然な髪型となります。
無造作ヘアーは最近の流行なので、おしゃれにも見えるでしょう。

ワックス・ジェル

ヘアワックスやジェルをつけ過ぎるのはよくありません。

髪が重くなってしまい、薄い部分が露になってしまうリスクが増えるからです。

薄毛を少しでも目立たなくさせるためには、できるだけ自然な見た目になるように心がけることです。絶対に無理をしてセットしてはいけません。
ソフトモヒカン

関連記事

  • 髪が生える仕組み:ヘアサイクル・毛乳頭と毛母細胞:病院での相談について

  • 育毛シャンプーの選び方:シャンプー選びで注意すべきこと

  • AGA薄毛治療のメカニズム・進行について:ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

  • AGAの特徴的な症状:薄毛チェック方法

  • 育毛促進剤を使用してみよう!

  • 植毛・育毛サロン・かつら、それぞれの違い