ハゲの種類(M型ハゲ、O型ハゲ、U型ハゲ、分け目ハゲ)

ハゲの種類AGA

ハゲ 種類

若ハゲって?

若ハゲって?

若ハゲの主な原因

若ハゲの主な原因は、男性ホルモンといわれています。

AGAとは、男性ホルモンの影響で髪の毛の量が減少し、若い段階でも薄毛になってしまうことで、そのまま放置すると薄毛が進行するケースも多く、早めの対策が重要となります。

AGA治療は早めの対策

そもそも若ハゲとは、20代や30代から薄毛が始まることをいいます。

中には10代から現れる場合もあり、近年では若い世代にも増加しているのが現状です。

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、日本全国で約1300万人いるといわれています。

薄毛や抜け毛で悩んでいる男性のほとんどがAGAで、遺伝の他、ストレスや食生活、生活習慣などが影響するとも考えられています。

最近では、血液型や生活でハゲ方が違うとも言われています。

続きを読む

 

分け目ハゲ

分け目ハゲって?

薄毛や抜け毛は、正しい治療法で改善を目指すことが大切となりますが、その為にはまず自分の薄毛のタイプをしっかりと把握しておくことが重要です。

薄毛や抜け毛には遺伝や男性ホルモンの影響によるAGAなど、避けることが難しいものもありますが、中には生活習慣やヘアケアを見直すだけで、十分に予防や改善が可能なものもあります。

分け目ハゲとは

分け目ハゲとは、その名の通り毛髪の分け目の薄さが目立ってしまっている状態ですが、男性型脱毛症AGAと見分ける為には、一部分だけでなく全体をチェックすることが必要となります。

AGA治療による薄毛は、生え際や頭頂部から進行するという特徴がある為、これらの部分の薄毛が目立つ場合には、セルフケアに頼らずに早期に専門医に相談することがおすすめです。

一方、生え際や頭頂部に異常がなく、分け目付近だけが薄くなっている場合には、分け目ハゲである可能性が高くなります。

紫外線やドライヤーによるダメージ

髪の分け目というものは、頭皮が露出した状態である為、紫外線やドライヤーなどのダメージが直接及んでしまいます。

常に同じ部分で髪を分けているとその部分にダメージが集中し、薄毛の原因となってしまうので、分け目ハゲの症状が見られる場合には、毎日分け目を変えることを心がけましょう。


分け目ハゲの原因

分け目ハゲって?

男性ホルモン

分け目ハゲであっても、男性ホルモンの働きにより症状が起きていることがあります。

その場合には、男性ホルモンの働きを抑制してくれる育毛剤などを使用してしっかりと対策・AGA治療を行わなければなりません。

最近では薄毛の原因として男性ホルモンの働きが注目されていますのでまずはその可能性を考えておくことは重要ですが、実は他にも考えられる原因が存在します。

分け目ハゲを引き起こしている可能性がある習慣として、毎日同じ分け目にしたり髪を結んでいる人は注意が必要です。

ヘアスタイルによる負担

毎日同じヘアスタイルというのはやはり分け目に負担がかかりますし、結んでいる場合には尚更大きな負担となります。

また、紫外線などによる外的刺激によっても分け目ハゲが悪化してしまうことがあります。強い日差しを浴びることは避け、日除けグッズを上手く活用したいところです。

分け目ハゲは比較的早期に発見することができますので、症状が進行する前に気付いてケアを行うことができます。

原因となることをしっかりとつかむことができれば適切な対処が行えますので、早い段階で改善されるケースも多いようです。

ホルモンバランスが乱れていなくても生活習慣から症状が引き起こされるケースもありますので、色々な可能性を考えてみることが大切です。

合わせてAGA治療も検討したいところです


分け目ハゲ対策方法

分け目ハゲって?

ハゲの種類は色々あります。
M字ハゲ、U字ハゲ、分け目ハゲ等があり、それぞれにはげ方が違っています。

その中で分け目ハゲは、分け目から薄くなってくるというはげ方で若い方でも悩んでいる方は意外と多いです。

分け目ハゲにならないような対策はどのようなものがあるかと言えば、まずはいつも同じ所の分け目を少し変えてみることが挙げられます。

いつも同じ所で分け目を作っていると、どうしてもその同じ場所に負担がかかるようになり、髪にひっぱられるような感じになって薄くなってきやすいのです。

そこで少しずつ分け目を変えることで同じ場所に負担がかかるのを防ぎます。

分け目ハゲって?

規則正しい生活

また分け目ハゲの改善方法としては、基本的なことですが規則正しい生活が一番です。

ストレスを溜めない

その中にはストレスを溜めないこともとても大事です。

ストレスがかかってくると自律神経の働きが悪くなりその結果頭皮の血行が悪くなります。

頭皮の血行が悪いと髪の毛が生えにくい状況になってきやすいので、ハゲ改善には非常に良くない環境となってしまいます。

バランスの良い食事

また発毛を促進する毛母細胞の働きを良くするビタミンB群の積極的な摂取も効果的です。

バランスの良い食事は当然のことながら、特にこのビタミンB群を沢山取り入れた食事をとることでハゲ解消に一歩近づけるはずです。

M字ハゲって?

M字ハゲ

男性が見舞われる薄毛症状にも様々なタイプがありますが、中でもM字ハゲは最もメジャーなものの一つでしょう。

これは額のちょうど両サイドに当たる部分から徐々に髪の生え際が後退していく状態のことを意味しており、ハゲが進むとアルファベットのMに似た形となります。

このM字ハゲの生じる原因としては様々なものが考えられますが、最も主たる要因としては男性ホルモンの過剰な活動が引き起こすAGAという病気が挙げられます。

これは男性の精巣にて作り出されるテストステロンというホルモンが身体全体を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼという酵素を反応してDHTという物質を作りだし、これを毛根の根元にある毛乳頭が感知することによって頭髪のヘアサイクルが大きく乱れてしまうのです。

このようにして健康的な頭髪であったとしても、毛乳頭からの指令によってすでに成長が終わってしまったものと判断した頭髪はすぐに抜け落ちていく準備を始め、それらの抜け毛が次第にM字ハゲとなって現れることになります。

両サイドはとりわけ男性ホルモンの影響を受けやすい

男性の額の両サイドはとりわけ男性ホルモンの影響を受けやすい部分として知られており、こういったAGAの影響も真っ先にこれらの部位に顕著となってしまうのです。

そのためもしもM字部分からハゲが進行した際にはAGAの可能性を疑って、クリニックなどで診察を受けてみることが求められます。

M字ハゲの原因

M字ハゲ

M字ハゲの原因は遺伝とホルモンが関係していて、他のハゲと同様に生活習慣やストレスなども大きく関係していると考えられています。

ストレス

原因の一つ目はストレスです。

この影響で自律神経のバランスが崩れると、血行が悪化したり皮脂の分泌量が増加してしまいます。

これらはどちらもM字ハゲを引き起こしたり進行させるものとして、大きな割合を占めるものです。

自分にあったストレス解消法を見つけることが大事になります。

偏った食生活

二つ目は肉類・動物性油脂を多く摂るといった偏った食生活です。野菜中心の食事に切り替えるなどして栄養のバランスをとることが大事です。

喫煙・飲酒

三つ目は喫煙や飲酒の習慣です。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させます。

そのため血行が悪くなり、ハゲを促進させるもとなります。

また、適量を超えて飲酒し肝臓で分解し切れなかったアルコールは、アセトアルデヒドという猛毒に変わります。

ジヒドロテストステロン

これが、ハゲを促進するジヒドロテストステロン(DHT)を作り出すもとになります。

ジヒドロテストステロン(DHT)には発毛・育毛を妨げる働きがある物質です。

これが多く生成されるとM字ハゲが進行すると考えられています。

遺伝

四つ目、M字ハゲの最大の原因なのが遺伝ですが、
遺伝的にM字ハゲになりやすい人BUT でもきちんとケアしておけばハゲなくて済むそうなので、心当たりのある人は早めに育毛剤や若ハゲ用のケアを始めたほうが良いと思われます。

M字ハゲ対策方法:AGA治療

M字ハゲ

男性が発症するハゲのタイプに極めて多いのがM字ハゲです。

これは額の両サイドが切り込みを入れたように後退していくというもので、ちょうど髪のラインがアルファベットのMに見えることからこう呼ばれています。

M字ハゲを改善するためのポイントとしてはまずAGAの可能性を疑ってみることが求められるでしょう。

というのも、このM字部分というのは男性ホルモンの影響が極めて強く出やすい部位であり、AGAもこの男性ホルモンが過剰な働きを引き起こすことによって発症するからです。

遺伝や生活習慣によってバランスの崩れた男性ホルモンは額にある5αリダクターゼという酵素と反応し、DHTという物質を作りだします。

このDHTが毛乳頭に触れると途端にヘアサイクルが乱れ始め、大切な髪が退行期や休止期を迎えて次々と抜け落ちていってしまうのです。

AGA治療:クリニック

こういったM字ハゲを悪化させない対策としてはクリニックなどで処方されるAGAの特効薬をしっかりと服用することが挙げられます。

プロペシア

For Example 例えばプロペシアという飲み薬は5αリダクターゼのⅡ型の働きを抑制し、DHTの分泌を抑える効果を持っています。

こうしてヘアサイクルが正常化することでM字ハゲを改善できるのです。

ミノキシジル

その上でさらにミノキシジルなどの塗り薬を塗ることで毛細血管を拡張させて過不足なく栄養分を補充して頭髪の成長を促すことも効果的です。

また、生活習慣における血行を改善する様々な取り組みに有効です。

O型ハゲって?

O型ハゲは頭頂部がアルファベットのOの字型に薄くなるハゲのことで、日本人ではよく見られます。

原因は男性ホルモンが毛根の中に存在する5αリダクターゼという酵素と結びついてヘアサイクルを乱すためでAGAとも呼ばれています。

ヘアサイクルが乱れると髪の寿命が短くなり、生えてもすぐに抜け落ちるようになります。

健康な状態なら2年~6年間髪の毛は伸び続けるのですが、AGA治療の場合には半年~1年で髪の毛が抜けていきます。

その為毛根は次の髪の毛を生やす準備が間に合わず、生えてもまたすぐに髪の毛が抜けてしまうためやがて活動を停止してしまいます。

抜け毛が増えてから5年から10年程度で毛根が活動を停止してしまうため、早めに対策を立てる必要があります。

30代~40代でハゲ出す人が多いのですが、早い人では10代でもO型ハゲになる人もいます。

O型ハゲを改善するために有効なのがプロペシアという薬の服用や、男性ホルモンの働きを抑える育毛剤の使用などです。

プロペシアは男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくのを防ぐ働きをして、抜け毛を減らし髪の毛が成長するのを助けてくれます。

また育毛剤も抜け毛を減らすと共に、毛根の発毛させる力を取り戻させたり髪の毛に栄養を与え丈夫な髪が育つのを助ける働きをします。

O型ハゲの原因

O型ハゲって?

O型ハゲは男性によく見られる薄毛で、頭のてっぺんのあたりの毛が徐々に薄くなるハゲ方です。

男性特有の症状で遺伝的なものが原因で発症する人もいれば、日常の生活の習慣が原因でO型ハゲになる人もいます。

俗に言う河童のようなハゲ方で頭頂部から次第にハゲて、見た目がM字ハゲよりみっともない印象を残してしまいやすいために、M字ハゲの人よりも真剣に悩む人が多いというのが実情です。

女性には見られない毛の薄くなり方で男性特有の毛の薄くなり方といえます。

血行悪化、皮脂の分泌

O型ハゲは男性ホルモンが分泌されることにより血行が悪くなったり、皮脂の分泌しすぎることで毛穴を皮脂で塞いでしまうことにより、毛がたくさん抜けてしまう症状を引き起こしてしまいます。

そして、男性はどうしても頭のてっぺんの辺りはジヒドロテストステロンという毛が薄くなる原因になりやすい物質が分泌しやすいところでもあります。

O型ハゲのハゲ方は、放置しておくと前髪の部分も毛が薄くなっていくところが広がってしまい、結果的には側頭部と後頭部にしか髪の毛が残っていないという状況になることが予想されます。

O型ハゲのハゲ方は、放置せずに早急な対策(AGA治療)を打つ必要性がある薄毛になります。

O型ハゲ対策方法

O型ハゲ 対策方法

O型ハゲの形に毛が薄くなると、けっこう薄毛が進んでいる可能性があるために、血管を拡張させる作用があるミノキシジルを使って対策をします。

血管を広がり、血行を改善することによって、髪の毛の根元にある毛乳頭まで血液を通して栄養素を行きわたらせる環境を整えることができるようになります。

食生活

血行がよくなる食生活にすることも、とても大切ですが、それでは不十分です。

O型ハゲまで進行している場合は育毛剤を使用して血行に刺激を与える対策を施さないと改善は困難です。

内服薬

ミノキシジルを半年ぐらい継続して使っていてもO型ハゲが改善がされないときには、フィナステリドを配合しているプロペシアという内服薬の服用を検討する必要が出てきます。

フィナステリド

フィナステリドは髪の毛が薄くなる原因の5aリダクターゼと、男性ホルモンが結びつくのを阻害する作用があり、O型ハゲなどの薄毛を治療する薬として世界的に人気が高まっている治療薬:AGA治療です。

薄毛の治療を行う日本の病院BUT でもフィナステリドが配合されている内服薬を処方するのが主流の治療法になります。

フィナステリドが配合されている治療薬は市販されていないので、病院で診察を受けて処方してもらう必要があります。

また、ミノキシジルとフィナステリドは全然別の成分なので併用しても問題がないです。

U型ハゲって?

ハゲは誰にでも起こりえる症状であり、それに伴い印象も変化していきます。

ハゲが進行すると波平さんのような髪型になるのがU字型の特徴です。

毛髪量が少ないと実年齢以上に老けて見えたり、生活な印象を与えられないなど様々なデメリットが生じ、メリットは非常に少ないです。

また近年では若年層にも多発していることから非常に多くの年齢層で問題・注目を集めています。

U型ハゲの原因

その中でも男性特有に起こるハゲの原因にAGAと呼ばれる薄毛が存在します。

これは男性ホルモンが変化して発毛抑制・薄毛促進に働きかける作用を持つ成分に変わってしまいます。

その成分量が増すことで徐々に抜け毛の量が増えるのに対し、新しい毛髪が生まれないことでハゲに繋がります。

また現れやすい症状の1つが額の後退であり、U型ハゲやM型ハゲなどが挙げられます。

U型ハゲの改善は難しい?

特にU型ハゲはM型ハゲに比べて症状が重度のため危険視されることが多いです。

原因が内科的要因となるため、

  • 食生活
  • 栄養補給
  • 生活リズムの改善

などでは大きな効果・改善は難しく、主な治療として内服治療が主流となっています。

毛髪とホルモンの関係として女性ホルモンが頭頂部・前頭部を支配しているため、男性ホルモンの作用が大きいとその部分が薄くなるのは必然であり、症状としてM型ハゲ・U型ハゲが現れるのは必然であり、早期治療であるAGA治療が必要となります。

U型ハゲ

U型ハゲの原因

薄毛や抜け毛が気になるという場合には、いくつかのタイプに分けることが出来ます。

生え際が後退し、額が広くなるタイプのハゲ方は「U型ハゲ」と呼ばれています。

日本人に多く見られるハゲ方で、頭頂部が薄くなるO型ハゲと同時進行する場合もあります。

男性ホルモン

U型ハゲの原因としては、男性ホルモンが影響するAGAが考えられます。

AGAの原因である還元酵素は生え際に多く見られるため、U型ハゲの原因である可能性が高いと言えます。

Moreover さらに過度なストレスや頭皮の血行不良、間違ったヘアケアがハゲの進行を早めている可能性もあります。

毛穴に詰まりも

生え際は洗顔料やシャンプーの洗い残しが多い部分でもありますので、洗い残してしまった洗顔料などが毛穴に詰まることにより、毛根にダメージを与えている可能性もあります。

生え際から進行するタイプのU型ハゲは、進行が早いケースもあり、気がついた時にはハゲが広範囲にわたっているということもあります。

そのような状態になってから治療を行なったという場合であっても、残念ながら、元の髪の毛があった時まで回復させるのは非常に難しいと言わざるを得ません。

そのため、薄毛や抜け毛に気がついたら、早めに対策:AGA治療を講じることが大切になります。

U型ハゲの対策方法

ハゲは男女ともに起こり得る疾患であり、以前は加齢に伴って生じていました。

しかし近年では

  • 生活習慣
  • 頭皮・毛髪へのストレス
  • 喫煙

など様々な要因んで若年層にも起こり得ることで非常に注目を集めています。

そのハゲの進行も様々に存在し、全体の毛髪量が減るケースや頭頂部から薄くなるケースに加えて前頭部から進行することもあります。

前頭部でも主にM型ハゲとU型ハゲが存在し、特にU型ハゲが危険視されています。

M型ハゲと違いU型ハゲは額の中心が大きく抜けてしまい、額が後退しているようになります。

生活習慣

その原因は生活習慣が大きく関わっており、その対策も同様に生活習慣の改善によって対応可能です。

食事・ストレス

具体的には食事内容の変更・頭皮へのストレス軽減などが挙げられます。

偏った食事は頭皮への栄養不足に加えて皮脂の過剰分泌を促して毛穴つまりを促進し、育毛の阻害にも繋がります。

頭皮自体は非常に繊細な組織ですが、紫外線や湿度など普段の生活の中でも非常にストレスを受けやすい部分です。

ヘアカラー・整髪料

そこにヘアカラーや整髪料などが加わるとよりストレスが重なってしまいます。

そのため普段の生活を見直すことや、頭皮へのストレスを少しでも減らせるように取り組みだけでもハゲの改善は可能と言えます。

タイトルとURLをコピーしました