1. TOP
  2. ハゲの種類

ハゲの種類

AGA ハゲの種類 この記事は約 3 分で読めます。
ハゲの種類

ハゲ 種類

若ハゲって?

若ハゲって?

若ハゲの主な原因は、男性ホルモンといわれています。

AGAとは、男性ホルモンの影響で髪の毛の量が減少し、若い段階でも薄毛になってしまうことで、そのまま放置すると薄毛が進行するケースも多く、早めの対策が重要となります。

そもそも若ハゲとは、20代や30代から薄毛が始まることをいいます。中には10代から現れる場合もあり、近年では若い世代にも増加しているのが現状です。

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、日本全国で約1300万人いるといわれています。

薄毛や抜け毛で悩んでいる男性のほとんどがAGAで、遺伝の他、ストレスや食生活、生活習慣などが影響するとも考えられています。
続きを読む

 

分け目ハゲって?

分け目ハゲって?
薄毛や抜け毛は、正しい治療法で改善を目指すことが大切となりますが、その為にはまず自分の薄毛のタイプをしっかりと把握しておくことが重要です。

薄毛や抜け毛には、遺伝や男性ホルモンの影響によるAGAなど、避けることが難しいものもありますが、中には生活習慣やヘアケアを見直すだけで、十分に予防や改善が可能なものもあります。

続きを読む

 

M型ハゲって?

若ハゲって?

男性が見舞われる薄毛症状にも様々なタイプがありますが、中でもM字ハゲは最もメジャーなものの一つでしょう。

これは額のちょうど両サイドに当たる部分から徐々に髪の生え際が後退していく状態のことを意味しており、ハゲが進むとアルファベットのMに似た形となります。

このM字ハゲの生じる原因としては様々なものが考えられますが、最も主たる要因としては男性ホルモンの過剰な活動が引き起こすAGAという病気が挙げられます。
続きを読む
  

O型ハゲって?

若ハゲって?

O型ハゲは頭頂部がアルファベットのOの字型に薄くなるハゲのことで、日本人ではよく見られます。

原因は男性ホルモンが毛根の中に存在する5αリダクターゼという酵素と結びついてヘアサイクルを乱すためで、AGAとも呼ばれています。

ヘアサイクルが乱れると髪の寿命が短くなり、生えてもすぐに抜け落ちるようになります。

健康な状態なら2年~6年間髪の毛は伸び続けるのですが、AGAの場合には半年~1年で髪の毛が抜けていきます。

その為毛根は次の髪の毛を生やす準備が間に合わず、生えてもまたすぐに髪の毛が抜けてしまうためやがて活動を停止してしまいます。
続きを読む

U型ハゲって?

若ハゲって?

ハゲは誰にでも起こりえる症状であり、それに伴い印象も変化していきます。

毛髪量が少ないと実年齢以上に老けて見えたり、生活な印象を与えられないなど様々なデメリットが生じ、メリットは非常に少ないです。

また近年では若年層にも多発していることから非常に多くの年齢層で問題・注目を集めています。

その中でも男性特有に起こるハゲの原因にAGAと呼ばれる薄毛が存在します。

これは男性ホルモンが変化して発毛抑制・薄毛促進に働きかける作用を持つ成分に変わってしまいます。
続きを読む

関連記事

  • AGA 新宿

    新宿のおすすめ薄毛治療・AGA(FAGA/FUERS植毛)治療院13選

  • AGA 健康保険

    健康保険は使えるの?自由診療とは?:AGA専門クリニックと一般医院のメリットとデメリット

  • NO IMAGE

    育毛促進剤を使用してみよう!

  • 女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」

    女性のAGA「FAGA(女性男性型脱毛症)」は、男性のAGAとはどこが違うの?

  • AGA治療 費用

    薄毛治療にかかる費用:AGA専門クリニックの選び方・価格

  • 若ハゲとは

    若ハゲとは(原因・対策方法)|ハゲの種類