1. TOP
  2. 育毛シャンプーの選び方:シャンプー選びで注意すべきこと

育毛シャンプーの選び方:シャンプー選びで注意すべきこと

育毛シャンプーの選び方

シャンプー 選び方 AGA

AGAや薄毛ケアのための洗髪において大切なのがシャンプーの選び方とすすぎになります。

自分にあった効果のあるシャンプーを選ばなければ、髪の毛の改善は難しいですし、原因がAGAの場合であれば、専用の育毛シャンプーでしっかり対策していく必要があります。

しかし、いくら自分にあったシャンプーを見つけたとしても間違った洗髪をしていては元も子もありません。

洗髪はしっかりと汚れやホコリを落とすことが大切ですが、きちんと実行している人は実際には多いんです。

しかし、その後のすすぎをしっかりとおこなっているかと言えば、残念ながら疎かにしている人の方が多いんです。

特に、コンディショナーは指どおりがよくなることから、自分ではしっかりとすすいたつもりでも、頭皮に薬剤が残っていることがあります。

薄毛や脱毛の原因になるばかりでなく、炎症を起こしてしまいフケの原因にもありますので、しっかりとすすぐことがポイントです。

このように、正しいシャンプーの仕方と選び方を知っておくだけで、さらなる育毛ケアへとつながりますのでしっかりと実践していくことをおすすめします。

洗髪は毎日の日課として必ずするものですから、ちょっとした間違いが後々改善するかどうかに影響してくるのです。
育毛シャンプー選び

シャンプー選び 注意
頭皮環境を改善するにはまず、自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

しかし、ただシャンプーを購入するだけではなく、選び方に注意をしなくてはいけません。

なぜなら、自分の頭皮タイプを知らない状態で選ぶことは頭皮環境を悪化させる可能性があるからです。

頭皮タイプは肌タイプと同様でそれぞれ特徴があるのでシャンプーを選ぶ際に考慮します。タイプとしては一つ目はノーマルタイプです。

これは、健康な髪質であり肌質なのでどのような商品でも関係ないタイプの人です。

ただ、アミノ酸系や天然素材のものを使用するとさらに良いです。もう一つは、オイリータイプです。

これは、洗浄したとしても大体2日程度ですぐに皮脂が分泌してしまい脂っぽくなり、髪がべたつくようなタイプの人です。

このタイプの人は皮脂の分泌が通常よりも多いのでオイリーヘア専用の商品を使用するようにしてください。

少し費用はかかりますが頭皮環境を悪化させる方が大変です。もう一つは、乾燥タイプです。

これは、髪の毛がかさつき、フケが出やすい状態の人です。髪の毛が汚れにくい半面、痛みやすく切れやすいという部分もあります。

このタイプの人は植物系でオイル入りの商品を使用するようにしてください。

このように頭皮状況を考慮するだけで違ってくるのできちんと選ぶようにしてください。

しっかりドライヤーを使って乾かそう!

AGAの人にとって大事なことは、普段の髪のお手入れの方法です。
髪の毛に優しいお手入れで、AGA対策をしましょう。

ドライヤーは毎日使いますよね。
でも、使い方を間違っている人も多いのです。

ポイントは3つあります。

  • 1.ドライヤーの選び方
    風量が多めで、適温のものを選ぶと良いでしょう。
    風の温度は熱すぎても髪を傷めますし、冷たいとなかなか乾きません。
    また、ナノイオンなどの機能がついているものも良いですが、高機能でも重たいものは使っているうちに疲れて乾かすのが億劫になってしまう可能性もあるので、持ってみてしっくりくる重さで選ぶようにして下さい。
  • 2.ドライヤー前のお手入れ
    水分がたっぷりの所から乾かそうとすると時間がかかってしまい、髪への負担が大きくなってしまいます。
    まずはタオルでしっかり水分を吸い取ること。やり方は、髪にタオルを押し当てて、水分をタオルに移すように。
    ゴシゴシと擦ってはいけません。髪の毛に傷がつかないように優しく。
  • 3.ドライヤーのかけ方
    乾かす時は根元から。つい外側から勢いよく温風を当ててしまいがちですが、ドライヤーを持つ手とは反対側の手で髪の毛を軽く掻き上げ、根元に風が通るようにします。
    毛先は放っておいても乾きやすい場所なので、根元を乾かす間に同時進行で渇いていきます。
    普段の生活でも毛先はダメージを受けやすいので、あまり温風を当てすぎないように注意しましょう。

関連記事

  • 育毛剤の選び方

    ハゲ方から考える育毛剤の選び方

  • O型ハゲとは

    O型ハゲとは(原因・対策)|ハゲの種類

  • 薄毛・ハゲの原因

    薄毛・ハゲの原因:薄毛対策について1から考えてみました

  • 薄毛対策 生え際

    薄毛対策・ハゲ対策は早め早めがポイント:生え際が危ない!

  • 髪が生える仕組み

    髪が生える仕組み:ヘアサイクル・毛乳頭と毛母細胞:病院での相談について

  • 発毛と入浴

    体内発毛環境を変える4つの入浴習慣