1. TOP
  2. なぜ女性もAGAになるの?早い人などでは35歳くらいからFAGAに。

なぜ女性もAGAになるの?早い人などでは35歳くらいからFAGAに。

AGA 女性

なぜ女性もAGAになるの?

AGAは男性型脱毛症のことを指しますが、多くは男性ホルモンが影響することでなるものとされています。

ここでのメカニズムとしてはジヒドロテストステロンの影響が大きく作用しており、通常、男性ホルモンであるテストステロンが血液中を流れ、毛根にある毛乳頭に入り込んだ場合には、5αリゼクターゼ酵素によってジヒドロテストステロンに変化をします。

ジヒドロテストステロンが入り込むことで毛母細胞の細胞分裂が活発に行なわれなくなり、発毛を妨げたり、抜け毛や薄毛の原因になっています。

女性にも男性ホルモンは存在しており、そのために同様なメカニズムによって、女性でのAGA、いわゆる女性男性型脱毛症と呼ばれるFAGAにかかることになります。

ただ、女性の場合には男性と違った脱毛症状が現れることになり、そこには女性ホルモンの存在があります。

女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれますが、このホルモンはテストステロンと異なり毛髪を育てる働きを持っています。

そのために、エストロゲンの分泌が活発な女性の場合にはテストステロンの濃度が低く、髪の毛への影響も少なくなります。

女性の場合には、加齢とともにエストロゲンの分泌が少なくなり、早い人などでは35歳程度からその減少が始まる場合もありますが、この場合にはテストステロンの影響が強くなりFAGAの進行につながることになります。